グループレッスンのメリットとデメリット

以前、英語を勉強したくてNOVAに入学したことがあります。

旅行先で英語の必要性を実感

ずっと海外旅行へ行ったことがなかったのですが、25歳の時に友達二人と韓国へ行きました。その際にガイドブックにある焼き肉屋を目指すも、残念ながら迷子になってしまったのです。仕方なく街の韓国人男性に質問したところ、当然のように韓国語で話されて、ちんぷんかんぷんな様子を見て英語で質問されたのです。
話している意味もわかるし、ちゃんと答えたかったのですが、なにぶん言葉が出てこない。仕方なくガイドブックの焼き肉屋さんのページを指差して、ジェスチャーしたところ英語で説明されました。韓国は他にも英語で教えてくれることが多く、英語の必要性を感じました。英語は海外旅行だけでなく日本にいてもいつ誰に道を聞かれるかわかりませんし、仕事にも活かせるかもしれないと思い、帰国してすぐに説明を受けて入会しました

グループレッスンでの出来事

料金の面でグループレッスン中心で勉強をしていたのですが、レベルが上がるといろいろな人と出会うようになりました。年代も高校生から60過ぎのおじいちゃんまでと幅広かったです。ただしちょっといい大学を受けているような日本人は、難しいボキャブラリーを使いたがるので先生より何を話しているのかわからないことが多々ありました。ちなみに私が出会ったのは東大の学生さんなどです。

 

友達は出来ても、ペースを乱す人がいたりわからない単語を使いまくる人がいれば価格が高くなってもいいからと、途中から個人レッスン中心に切り替えましたお陰で自分のペースで学べましたし、わからないことが出ても周りに遠慮しないで質問が出来ました

日常会話で英語が活かせる

かなり最初の頃に集中して勉強したため、今でも日常会話程度ならばなんとか出来るレベルです。仕事では残念ながら使えてはいないのですが、街中で困った方たちを助けたことも何度もあります。産婦人科を受診しようとした方が困っていたので、受付で簡単な通訳をしたり、原宿で迷子になった女性へ声をかけたり、沖縄ではひめゆりの塔へ行きたいと言っていた中国人の方たちにバスを教えたり、ガイドさんには日本語がわからないようだということも伝えました。何より英会話を学んで変わったことは、自分が外国人の方に積極的に声をかけられるようになったことです。時々単語を忘れてしまうことはあるのですが、日本人は「英語はわからない」と対応していない姿を見ていたので、少しでもお役に立てるようになって良かったです。